100円ショップのスマホ用マクロレンズで小さな世界を覗いてみよう

実験・観察

世の中にスマホが浸透し,ほとんどの人が持っています.さらに,スマホのカメラもどんどん性能が上がっています.そのスマホカメラに100ショップのマクロレンズを装着し,手軽に安くミクロの世界を観察できる方法を紹介します.子どもと一緒に自由な発想で,身近な自然を見てみてはいかがでしょうか.

スマホ用マクロレンズとは?

カメラの世界では,マクロレンズというものがあり,普通のレンズと違って,写したいものに接近して大きく撮影することができます.例えば,小さな虫や花の細かな構造などを撮るときに役立ちます.欲しいなと思いますが,マクロレンズはとても高価で,ちょっと考えてしまいます.そういう本格的なレンズには,性能も質もかなり劣りますが,100円ショップには,スマホ用マクロレンズが売られています.

入手方法と内容物(ダイソーの例)

スマホ用マクロレンズは,ダイソーやセリア,キャンドなどで見かけます.私はダイソーとセリアで買ったことがあります.例えば,ダイソーでは下の写真のようなパッケージで,スマホ用のケーブルやフィルム,ケースなどのモバイル小物のコーナーにありました.

このダイソーのマクロレンズには,広角レンズと魚眼レンズもセットで入っています.それぞれ裏面に見分け方や使い方も丁寧に書いてくれています.

レンズは形でも見分けられますが,横にしてみると下の写真のようにどのレンズか書いています.今回紹介するマクロレンズには ” MACRO ” と書いています.” WIDE ” とあるのが広角レンズで,景色や集合写真でより広い範囲を写したいときに役立ちます.” FISH EYE LENS ” とあるのが魚眼レンズで,広角レンズより広い範囲を写せて,丸い円形に表現されます.住宅などの玄関ドアについている覗穴によく使われていますね.

なお,100円ショップは店によって規模が違い,扱っている商品や在庫も違います.さらにバージョンも変わったりするので,全く同じものがあるとも限りません(この記事は2022年1月に書きました).見つからなければ,店員さんに聞いてみるのが良いと思います.

スマホ用マクロレンズの使い方

使い方はとっても簡単です.ダイソーのものは3つのレンズが入っているので,その中から「Macro」と書いていあるマクロレンズを探しましょう.それを洗濯ばさみのようなクリップにマクロレンズを装着します.

レンズを装着したらスマホのレンズに取り付けます.スマホカメラのレンズとマクロレンズが,うまく合っているか確認して調整してください.

これで準備完了!とても簡単ですね.いつも写真を撮るようにアプリを起動させ,撮影してみてください.例えば,パッケージの裏面の小さい文字で書かれた説明文にカメラを持っていくと,下のように拡大されます.

普段,写すときよりもより近づけるとピントが合います.スマホカメラをズームにするとさらに拡大もできます.千円札でもやってみました.

千円札にかかれたマイクロ文字と呼ばれる文字(NIPPON GINKO)が見えています.お札を観察する場合は,観察は以下の記事も参考にしてみてください.

実際に撮影してみた写真の紹介

これで使い方がわかったと思います.ここからは,実際に身近なありそうなものを適当に選んで撮影してみました.

まずは,セーターです.糸や繊維の様子がよくわかると思います.

DSC_1369
DSC_1367

こちらは紙に鉛筆で「あ」と書いて拡大.紙も繊維でできていて,そこに鉛筆を作る黒鉛(グラファイト)がくっついているのがわかります.

DSC_1371
DSC_1364

鉛筆で字が書けるのは,紙が繊維でできていて,そこに鉛筆の芯に使ってある柔らかい黒鉛がこすりつけられるためです.これをゴムできれいに取り除くのが消しゴムです.

次は,観葉植物です.どこを拡大したかわかりますか???

DSC_1376
DSC_1370

正解は,中心の少し右上にあるコケをアップしてみました.

記事を書いたのが冬ですが,近くに生えていた雑草を拾ってきました.それぞれ拡大すると小さな花のめしべやおしべ葉脈葉の表面もきれいに見えていることがわかると思います.

DSC_1363
DSC_1364
DSC_1369

最後に雪の結晶です.長野県のスキー場で撮影しました.手袋や防寒着の表面に落ちた雪を素早く撮影します.雪が降っていて,寒い地域でないとできません.

身近にある小さな世界を観察しよう

最後までお読みいただきありがとうございます.多くの人が持つスマホと安いマクロレンズがあれば,あとは家の中でも近所でもスマホを片手に観察してみましょう.手あたり次第,覗いてみましょう.あまり先入観で決めずに覗いてみることを薦めます.そういう点では子どもは天才です.大人よりも目線が低いことが多いのも影響しそうです.是非,お子さんと一緒に小さな世界を覗いて,できれば写真に撮ってみてください.お互いに教わり合いながら一緒に楽しめるといいですね.

【参考】100円ショップよりは高いですが,他での活用も考えれば,以下のようなものをネットで買ってしまうのも良いと思います.ご参考まで.


コメント

タイトルとURLをコピーしました